ほっせかい。

「法施(人に伝えること)」+「世界」で「ほっせかい」です。illustratorとPhotoshop初心者のシングルマザーが、WEBデザイナースクール「DLL」にてゼロからデザインを学んでいます。WEBデザインのオンラインスクールに入ろうか迷っている方、どんな内容を勉強するのか知りたい方等…。少しでもあなたの役に立ちますように。

初心者がデザインを学ぶ

文字のフォントを理解して、上手にフォントを使い分けましょう。

投稿日:

ランディングページでもバナーでも、ポスターでもなんでも、デザインするときにテキスト(文字)を打つ時がありますね。

そのときに「フォントは何にしよう」と思いますよね?

で、その時に適当に「これでいっか!」とフォントを決めていませんか?

フォントの持つイメージを理解して、デザインに最適なフォントを選べるようにしましょう!

フォントには主に「和文書体」と「英文書体」があります。

和文書体…明朝体、ゴシック体

英文書体…セリフ体(英語版明朝体)、サンセリフ体(英語版ゴシック体)

 

たくさんのフォントがありますが、まずは基本的なこの4つのフォントを理解して使い分けていきましょう。

 

明朝体・セリフ体とは

「明朝体」と「セリフ体」の特徴としては下記になります。

  • たて線に対してよこ線の方が細い。
  • 山の飾りがつく。
  • はらいがある。
  • はらいに向かって線が細くなる。

明朝体・セリフ体の持つイメージ。

明朝体とセリフ体はこんな時に使いましょう。

明朝体とセリフ体は

  • 信頼感
  • 安心感
  • 高級感
  • 繊細
  • 品格
  • 落ち着き

といったイメージを持つフォントです。

上記のイメージを持たせたいときに「明朝体」・「セリフ体」を使いましょう。

 

正解はありませんが、例えば化粧水や美容液などの商品宣伝とか、明朝体などを使うといいですね。

「美容」の持つ「キレイ」とか「肌に優しいものを」などのイメージに合います。

ゴシック体・サンセリフ体とは

 

 

ゴシック体とサンセリフ体の特徴としては下記になります。

  • たて線とよこ線の太さが大体同じ。
  • はらいがない。
  • 飾りがない。
  • 線の動きが少なくて統一感がある。
  • 見やすい。

ゴシック体・サンセリフ体の持つイメージ。

ゴシック体とサンセリフ体はこんな時に使いましょう。

ゴシック体とサンセリフ体は、

  • 力強い
  • シンプル
  • 近代的

といったイメージを持つフォントです。

こちらも正解はありませんが、例えば「注意書き」とか「訴え」とか、しっかりとした口調で文を書く時に使うといいですね。

フォントによってデザインのイメージもガラリと変わってしまう。

実際にフォントを乗っけてみて、イメージと合うかどうか、しっくりくるかどうか見ながらデザインしていきましょう。

 

ということで今回は以上です。

今回もご覧いただきありがとうございました。

それではまた次回!

-初心者がデザインを学ぶ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【Photoshop】画像を動いているようにぼかす方法と、エッジを際立たせる方法。

Photoshopのレイヤーは、色々とフィルター加工することができます。 まずはこんな画像を作ってみました。 近所の空と、お土産のリンゴジャムの合成画像です。 このジャムは長野県下伊那郡阿智村の「治部 …

【Adobeとは】3ヵ月で稼げるWEBデザイナーに。

いつもたくさんの方にご覧いただき光栄です。 ありがとうございます。     さあ、3ヵ月で稼げるWEBデザイナーになるスクール、3日目! さっそく授業に入っていきましょう。 今日は …

【Photoshop】複数の画像を組み合わせたり、まとめてレイヤーとして読み込む方法

Photoshopを始めようとしたら、画像の取り込みから躓いた者です。笑   画像を2つ以上取り込むと、別々のドキュメント(ファイル)として読み込まれてしまうじゃないですか。 こういう風にで …

【紫色について】個性を出すならこの色!

おはようございます。 今日から9月ですね! セプテンバーですね! 9月にカラオケに行った日には、RADWIMPSの「セプテンバーさん」を歌わずにはいられない私です。 では今回は紫・バイオレットのイメー …

【illustrator】文字を枠で囲う袋文字の作り方

おはようございます。 よくデザインでこういった文字を目にすることが多いと思います。 こういうやつですね。 文字が白い枠で囲まれていますが、こういった文字を「袋文字」と言います。 袋文字の作り方。 まず …